乳酸菌が免疫力向上に効果があるのはなぜ?

乳酸菌とは、糖類を分解して乳酸をつくる細菌の総称です。
発酵によって産出しますが、悪臭の原因といったような腐敗物質を作らないものを、一般的に乳酸菌と呼びます。
菌は穀類や腐敗した牛乳の中に生まれ、ヨーグルトやチーズ、乳酸菌飲料などの製造に利用されます。

腸内には約100~120種類、約100兆個に及ぶ細菌が棲みついているといわれています。
この細菌の内、善玉菌は腸内を酸性にし、外から来る有害な菌に対抗し免疫力を高めてくれます。

悪玉菌優位になると?

一方、悪玉菌は、発がん物質や毒素のある有害物質をつくりだし、体の抵抗力を弱め、胃腸の不良や下痢、便秘、肌荒れ、冷え性などを引き起こす原因となります。
これらの菌がバランスよく存在しているときは、健康が保たれますが、ストレスや運動不足、欧米風の食生活、食品添加物の過剰摂取、食習慣の乱れなどから、悪玉菌が増え、善玉菌が減り、さまざまな病気の原因となります。
この状態が「腸内バランス」がいいというわけです。

生きて腸に到達した乳酸菌は善玉菌の増殖を促し、悪玉菌を退治する働きがあります。
この乳酸菌によって増えた善玉菌は、さらに勢いづき、病原菌を撃退したりコレステロールを抑えるなど、美肌と健康に一役買ってくれます。
また乳酸菌は他の免疫細胞に指令を出し、抗ウイルス物質を発生させて外部からのウイルス侵入を防ぐ役割もあります。
免疫力が高まると、風邪や鼻炎、インフルエンザなどの感染を防ぐことができます。

「乳」という言葉が入るだけに、牛乳発酵による動物性のイメージが強い乳酸菌ですが、植物性の食べ物にもたくさんの乳酸菌が含まれていることがあります。
糖の発酵によって生まれる菌なので、ブドウ糖や果糖、ショ糖、そして麦芽糖など、糖の種類が多い植物性乳酸菌のほうが実に多彩です。
日本食に欠かせない調味料の一つであるしょう油やみそ、ぬか漬け、ピクルス、ザワークラウトなどの漬物も乳酸菌を多く含む発酵食品です。

かつお節やイカの塩辛、サラミなど魚介や肉の加工食品にも発酵食品が多くあります。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.