乳酸菌サプリってドラッグストアとかで市販されてるの?

乳酸菌サプリというとネット通販で購入出来るものが大半っていうイメージがあり、あまり市販はされてないような印象です。
通販と違って市販品なら近くのドラッグストアですぐ購入出来ますしお手軽です。

しかしドラッグストアに行ってもらえるとわかるのですが、サプリコーナーに行っても乳酸菌サプリってほとんどないんです。
ネット検索したら沢山の乳酸菌サプリがズラーっと検索出来るんですから、市販品も専用コーナーがあってしかるべし、なのにありません。不思議です。
他のサプリだと亜鉛、鉄分、葉酸、ビタミン、といった栄養素を表にだしてくれてます。
その栄養素がどういう効果があるのかも一目瞭然ですし、普通の食事では摂取しにくものをサポートしてくれるのでお客様も購入してくれます。
しかし乳酸菌だとどうでしょう。
ヨーグルトを買えば美味しい上に乳酸菌を摂取できます。
最近ではラムネ菓子・のど飴・チョコレートにまで乳酸菌配合商品があるため、わざわざサプリで購入しなくても簡単に摂取可能なんです。
しかも乳酸菌サプリって効果が不明瞭です。
腸内環境改善によって便秘対策・アトピー対策・花粉症対策・免疫力アップによる風邪やインフルエンザ対策と色々な効果が期待出来ます。
でもこれは購入した人が期待することです。
乳酸菌サプリには薬事法の関係でパッケージにこれらのことは書けないため、普通にこの商品を見て買おうかってなかなかなりません。

このためサプリとしても力不足、薬でもないので薬品コーナーにも置けません。
こういう理由でドラッグストアでなかなか見かけることがありません。
色んなサプリを出してる会社だと専用コーナーが設けられてるので、そこにその会社の乳酸菌サプリも置いてる可能性があるだけです。
置いてあっても配合されてる乳酸菌の数が少なかったり、色んな乳酸菌サプリが置かれてるわけではないので選択肢の幅も狭いのが難点です。

そこで乳酸菌サプリはHP上で乳酸菌から期待できる効果を詳しく説明をしたネット通販、医薬品の整腸薬として市販されるものにわかれました。
整腸剤の新ビオフェルミンSがまさにそれです。
ただ整腸薬ですのでお腹の調子が悪くなった時に飲むものとなり、お腹の調子が悪くならないために飲むサプリとは違う位置づけになりました。
毎日の健康のために飲むものではなくなったということです。

こういった面から今では各社ネット通販で乳酸菌サプリ販売へ移行するようになったというわけです。
ネット検索すれば簡単に各社の乳酸菌サプリを調べることが出来ますし、販売する側も色んな情報を記載して商品アピールが出来ます。
何より少数の市販品を購入するよりも、ネット通販の方が沢山の商品があるため自分に合った乳酸菌サプリを選べるためお勧めなんです。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.