乳酸菌が含まれている食べ物

乳酸菌を含む食品と聞くと、「牛乳が発酵して発生する菌=ヨーグルトや乳酸飲料(ヤクルトとか)」が思い浮かぶと思います。
同じような分類としては、チーズも乳酸菌を多く含む発酵食品で、プロセスチーズよりも加熱処理をされていないナチュラルチーズのほうがよいとされています。
「乳」とつく乳酸菌だけに、乳製品にしかないものかと思いがちですが、日本人が毎日口にする食品の多くも乳酸菌が含んでいることが多いのです。

植物性の乳酸菌としては、大豆を発酵させたしょう油やみそが代表的です。
とくに大豆の発酵食品は、胃酸に強い性質を持ち、生きたまま腸に届かせるのに効果的と言われています。

その他の食品では、キムチや漬物、ピクルス、ザワークラウトなども乳酸菌を多く含みます。
中でもぬか漬けは、とくに乳酸菌の多い食品です。カブの一種である京漬物で人気の「すぐき」は、免疫力を高める「ラブレ菌」が含まれていることから、海外の健康マニアにも注目されているほど。

この食品も植物性なので、生きたまま腸まで乳酸菌を届かせ、免疫力のアップは風邪やあらゆる病気の予防に一役買ってくれます。
ここ数年ブームの塩麹やしょう油麹も、「万能薬」ともいうべき、体によくておいしい発酵食品です。

まだまだある、乳酸菌を含んだ食べ物

海外の食べ物にも乳酸菌がふんだんに含まれたものがあります。
キムチは発酵させたものと、それほど発酵していない浅漬けタイプがあります。
しっかりと乳酸菌を摂りたい場合は、発酵しているタイプを選びましょう。

キムチは植物性の乳酸菌に加え、アミの塩辛や干しエビなど動物性乳酸菌も含まれているため、「ラブレ菌」や「ANP71」など、さまざまな種類の乳酸菌を取り入れることができます。
タイ料理には欠かせない、魚介を発酵させてつくられるナンプラー(魚醤)も乳酸菌を多く含む調味料です。

また魚介でいうと、琵琶湖周辺の郷土料理として有名な鮒寿司や、岐阜県や兵庫県の「アユのなれずし」、和歌山県や富山県の「サバのされずし」なども乳酸菌を多く含む発酵食品です。
旅行などで産地に出向いたら、意識してぜひ見つけてほしい食べ物です。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.