乳酸菌の種類にはなにがある?

美しいモデルや女優の多くが毎日欠かさず食べているといわれるヨーグルト。
乳酸菌を含む健康食の代表格ともいえる人気の食べ物です。

ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸内環境を整える作用があり、便秘解消につながります。
便秘が解消されると、女性が気になる下腹部のぽっこりを解消するのはもちろん、実は美肌効果もあるんです。

おいしく食べて、体に優しく健康にもなれる乳酸菌から、さらなるパワーが次々に発見されています。

乳酸菌の種類はこんなにある

そんな乳酸菌ですが種類はかなりの数になり全てを知る必要はありません。
ここでは、代表的な乳酸菌について見ていくことにします。

ビフィズス菌

乳製品や薬品などに使われることが多く、昔からよく知られているのが「ビフィズス菌」
ヨーグルトの商品名にも使われるほどなので、聞いたことのない人は少ないでしょう。

ビフィズス菌は、糖を食べて乳酸や酢酸といった短鎖脂肪酸を作る微生物で、酸素を嫌う種類の菌のため(酸素のない)大腸周辺に多くいます。
ビフィズス菌は胃腸薬や整腸薬にも多く含まれています。

ガセリ菌

最近話題になっている乳酸菌「ガセリ菌」は、とくにヨーグルトに多く含まれています。
内臓脂肪低減の効果があるためダイエットに注目されたり、メタボを改善することでも知られ始めています。

「ガセリ菌」の正式名称はラクトバチルス・ガセリといい、酸素の有無に関わらずたくましく育つ通性嫌気性菌です。
この菌は人間の腸の中に存在し悪玉菌を抑える、ビフィズス菌と並ぶほどの善玉菌ですが、まだ認知度の低いこの菌を摂取するには乳酸菌植物よりはサプリメントで探すのがいいでしょう。

ヨーグルトでは摂取できない乳酸菌もある

カゴメの商品名にもなっている「ラブレ菌」は、野菜の「すぐき」の漬物から発見された乳酸菌です。
近年では、健康志向が高まっている欧米からも「マジックピクルス」と称され注目される日本が誇る食品となっています。

植物性乳酸菌であるラブレ菌は、生きたまま腸まで届く強さが特長で、整腸作用はもちろん、免疫力を高める効果もあります。
これによって抗ウイルス作用や抗ガン作用、またエイズを予防する効果もあるといわれます。

乳酸菌はこの他にも「LG-21」や「シロタ株」など豊富にあり、その数は数千に上るといわれ、種類によってさまざまな健康効果が期待できます。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.