乳酸菌の効果と必要性とは?

巷では乳酸菌は身体にいいと言われ、テレビをつければヨーグルトのCM。
なんとなく「乳酸菌=カラダに良い」っていうイメージはあるけど、具体的にどんな効果があるのかって、あまり知られていないような気がします。

多くの人が知ってる「お腹にいいんでしょ?」という役割は、もちろん間違いじゃありません。
でも、乳酸菌の役割とか効果ってそれだけじゃないんです。

便秘だけじゃない!知ってる?乳酸菌の効果

今でこそ、さまざまな加工食品に利用されている乳酸菌ですがその歴史は古く、今から100年以上前の1899年にビフィズス菌が見つかったのが始まりなんだとか。
多くの細菌科学者がこの乳酸菌に着目し、その一人ロシアのメチニコフという博士が乳製品を日常的によく摂取するブルガリア地方の長寿の理由が乳酸菌と深い関係にあることに着目。

通常、体内の善玉菌は加齢で減少していくんですが、長寿国の共通点を調べると善玉菌である乳酸菌を多くとっていたそうです。
高齢になっても、善玉菌と悪玉菌のバランスがいいと毎日のお通じがよく、コレステロールを抑え、ガンや成人病を予防し、長寿へとつながると言われています。

いつまでも美しく、そして健康で長生きするために必要な乳酸菌は「便秘に効く」イメージですが、実は下痢にも効果があります。

下痢で病院や薬局へ行くと整腸剤を処方されますよね?実はこの整腸剤にも多くの場合、乳酸菌が入っています。
下痢も便秘も原因はほとんど同じで、腸内で悪玉菌が増殖したことから起こる体内トラブルなんです。

善玉キングも実感している!乳酸菌効果

まれに、乳酸菌の入った整腸剤を飲んだ後に下痢がひどくなるということもありますが、これは腸の中の急激な環境の変化に体がついていけずに起こる一時の現象です。
薬の量を調節しながらでも続けていくと、善玉菌は少しずつ増えていき、下痢も徐々に改善していくはずです。

実は、善玉キングは子供の頃からずっと便秘がちだったのが、オッサンになった最近では下痢が増えてきてたんですよね。
で、それを改善しようと、ヨーグルトや乳酸菌サプリを毎日摂るようにしたところ、下痢の回数が激減しました。もちろん便秘もしなくなり、どれだけ長くても2日間ていう感じです。

ちなみに、整腸作用のある乳酸菌は腸内環境を改善する働きがあるだけでなく、腸内でビタミンB1やビタミンB2、ビタミンB6、ビタミン12、ビタミンK、葉酸、ニコチン酸などの物質を作り出す働きがあります。
ビタミンB群は食品から摂取しても壊れやすいので、腸内で作ってもらえるのはありがたいですね。

オリゴ糖やビタミンCを含むフルーツなどと乳酸菌を一緒に取ると働きが強化されます。
オリゴ糖は乳酸菌のエサとなって善玉菌を増やすのに欠かせない存在と言ってもいいでしょう。

またビタミンが不足することで肌荒れやニキビの原因にもなります。
これらの栄養素は新陳代謝を促進し、肌のターンオーバーを正常化してくれる効用があります。
美容にとっても大切な栄養素なので、やはり乳酸菌は意識して取り入れるのがいいと思います。

人間の体内で大切な役割をしている腸。この腸の環境が悪くなると、健康に弊害が出たり、肌荒れや肥満など、とくに女性が気になる美容にも大きく関係します。
腸内環境が整っている人は、腸内の善玉菌の多い人です。

腸内環境の良い状態と悪い状態

腸内環境がきれいだと、正しい排便リズムになり、老廃物や毒素をため込まない体になります。
逆に悪玉菌が増えて腸内環境が悪くなると、血液が汚れ現代習慣病や成人病の原因となり、ニキビや肌荒れなどの皮膚トラブルも引き起こします。
加齢によって健康や美容が老化しますが、これもほとんどが悪玉菌の増加によるものです。
加齢は善玉菌と悪玉菌のバランスコントロール能力を低下させることもあるので、意識して乳酸菌を体内に取り入れることが大切です。

整腸作用以外を目的とした乳酸菌の効果

乳酸菌のそのすばらしい効能は、製薬会社や医療機関などでも注目を集め続け、たくさんの実証結果があげられています。
今までは便秘や下痢を改善する整腸作用を目的とした乳酸菌の利用がほとんどでした。
整腸されると、むくみや肥満が改善され、ニキビや吹き出物、湿疹などの肌トラブルもなくなります。

腸の調子がよくなると、胃腸がすっきりし、よく眠れて気持ちよく起きられるようです。
質の良い睡眠がしっかりとれていると、今度はストレスを抑えてくれます。
また更年期障害やうつ症状も予防・改善してくれます。
乳酸菌摂取によって血流がきれいになると、高脂血症や高血圧、糖尿病などの生活習慣病も予防・改善できます。
また、免疫を高める効果もあり、風邪やウイルス性の疾病予防にも一役買います。

乳酸菌を効果的に摂取するにはサプリが最適

このように、乳酸菌は体によいさまざまな働きをしますが、体内に取り入れるタイミングも大切です。
乳酸菌は生きたまま腸に届くのが望ましく、途中で死滅させないことが必要です。

極度の空腹時には、胃酸が多く分泌され、乳酸菌を摂取しても胃のエリアで死滅してしまうので、乳酸食品から取るときは気を付けましょう。
サプリメントの場合は、胃酸に負けないものも多く出ているので、時間や空腹に関係なく生きたまま腸に届けられます。

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.