乳酸菌って花粉症にはどうなの?

整腸作用があるといわれる乳酸菌ですが、実は免疫力アップ効果もあるとされています。
人間の免疫細胞のほとんどが腸にあると言われているので、整腸作用と免疫力アップは実は密接な関係にあります。
とくに春から夏にかけての花粉症シーズンには、アレルギーを改善する菌があるといわれ、乳酸菌とビフィズス菌が注目されています。
乳酸菌でもさまざまな種類がありますが、どの菌が花粉症予防や対策に効果的なのか見ていきましょう。

花粉症と乳酸菌サプリ

花粉症に最も効果があると言われている乳酸菌は「フェリカス菌」です。この菌は加熱殺菌して死滅していても高い効果が期待できる新型乳酸菌として話題となっています。
ほかの乳酸菌の種類より菌のサイズが小さく一度に多く摂取できるため、よりよい整腸効果をもたらす菌といわれています。

この「フェリカス菌」は、たとえ胃酸や胆汁によって菌が死滅しても、善玉菌のエサとなり体内で無駄にならないのもすごいところ。
腸を整えることで免疫が上がるので、花粉症対策には効果的といえますね。
この「フェリカス菌」に、同じく花粉症に効果があるといわれる「ビフィズス菌」や、しば漬けから発見された植物性の発酵系乳酸菌「ラクトバチルス菌」を配合した乳酸菌サプリが話題となっています。

免疫細胞のバランス

日本の飲料メーカーが発見した「L-92乳酸菌」も、アトピーなどのアレルギーを緩和する効果が期待できるといわれています。
花粉症などのアレルギーはTh1やTh2細胞のバランスが悪くなると起こる症状ですが、「L-92乳酸菌」は、これらの細胞を活性化させる効果がありバランスを整えます。
この乳酸菌は一般的な乳製品では摂取しにくいとても貴重な菌で、この菌を配合して作られたサプリは、とくに花粉症のシーズンは品切れになるほど大ヒットしているようです。

実際に花粉症が軽減されたという話もよく聞くので試したいものです。サプリは細胞壁を厚くすることで、体内で生きたままの乳酸菌がさまざまな効果をもたらします。
花粉症になってからあわててサプリを飲むより、毎日の生活に取り入れることでアレルギー体質が改善されるかもしれませんね。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.