ヨーグルトって下痢にも効果あるの?

ヨーグルトをはじめとする乳酸菌が便秘に効果的であることは、テレビ番組やCMなどで一般的な事
実になりつつあります。では、そんなヨーグルトは下痢には効果があるのでしょうか?
ともすると乳酸菌の役割って、固くなった便を柔らかくしてくれるみたいなイメージを抱きがちですが、それは間違いではないのですが、それはあくまでも結果のひとつに過ぎません。乳酸菌の力によって腸内環境が改善されたからです。

ここでは、下痢とヨーグルトについて、もう少し具体的にみてきましょう。

乳製品が下痢を引き起こす?

世間では、ヨーグルトや牛乳をはじめとする乳製品を口にすると下痢になる人もいます。ただし、乳酸菌が腸を刺激するためお通じがよくなるイメージがありますが、だからといって乳酸菌は下痢を引き起こすことはありません。それでも下痢になる人は、冷たいヨーグルトをとり体を冷やした、脂肪分が分解されずに消化が難しかったなどという原因が多いようです。

ヨーグルトには人体に有益な乳酸菌が多くふくまれています。この乳酸菌が生きたまま腸内に届くと、悪玉菌を減らして善玉菌を増やします。善玉菌が増殖すると腸内環境がよくなり、便秘や下痢を改善するといわれています。
「便秘だけじゃなくて下痢も?」と思う人もいるかもしれませんが、乳酸菌は便秘だけでなく下痢をはじめとする腸内トラブルに効果があります。
しかし一般的に市販されているヨーグルトの乳酸菌は生命力が意外と弱く、胃酸や胆液によってほとんどが死滅してしまいます。生きたまま腸まで届くのはごくわずかで、たくさん腸に届けたいからと過剰摂取すると、これがまた下痢の原因となります。それを解消するためには、生命力の強い乳酸菌をふくんだヨーグルトがおすすめです。乳製品の乳酸菌の中でももっとも強いといわれる「ビフィズス菌」が商品名になったヨーグルトはとくにおすすめ。

ヨーグルトと一緒に摂りたいハチミツ

ヨーグルトの中のビフィズス菌を増やすには、はちみつが効果的といわれています。プレーンタイプのヨーグルトにはちみつをかけて味わう人もいますが、まさにこれがおすすめの味わい方なんです。
はちみつは腸の働きをよくする作用があり、便秘にも下痢にも効果があります。ただし、ヨーグルトは脂質が多く高カロリーなので、いくら体によくビフィズス菌が豊富だからと過剰摂取は禁物です。1日の摂取量を決めて、効果的にとりいれるのがいいでしょう。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.