乳酸菌サプリに副作用はある?

一般的には「お腹の調子を整える」とか「便秘を解消する」というようなイメージのある乳酸菌。美容や健康、とくに胃腸によいとされる乳酸菌は、たくさん摂取するとより沢山の効果が出そうな気はしますよね?
でも、薬局で売っている整腸剤に頼りすぎると、あれは薬なので効きすぎて逆に便を止める作用や便通がよくなりすぎるといったことがあり、薬の選び方や飲み方を間違うと副作用につながってしまいます。
では、薬の部類には入らない乳酸菌サプリメントやドリンク、食品を大量に摂取するのは大丈夫なのでしょうか?

乳酸菌の過剰摂取による副作用はある?

乳酸菌のほとんどが、腸内にたどり着く前に胃や十二指腸の胃液や胆液によって死滅してしまいます。
なので大量に摂取しても、腸内が乳酸菌で過剰になることはありません。しかし、乳酸菌をふくむ食品としてよく食べられるヨーグルトやチーズ、乳製品などをたくさんとりすぎると、糖分や脂肪によって余分なカロリーをとってしまいます。
さらに、これらの食品からとれる乳酸菌は寿命が短く生命力も弱いため、菌が生きたまま定着できません。一度に大量摂取してもなかなか腸にたどり着けないので、毎日少しずつ継続するのがベストといえます。

最近では、菌が生きたまま確実に腸まで届かせる乳酸菌サプリメントも多く出ています。
乳酸菌は体に害をあたえる菌ではないので、過剰摂取しても基本的には副作用はありません。

乳酸菌のとりすぎは腹痛や下痢の原因にも!?

しかし、腸の働きをよくする作用がある菌なので、摂り過ぎると体調や体質によっては下痢や腹痛などの危険性もあります。
乳酸菌を体内に届ける方法として、空腹時の摂取がいいとされています。とくに朝の空腹時に、ヨーグルトや発酵食品(味噌、漬物)などの乳酸菌をふくんだ食品を食べると便通効果があるといわれますが、忙しい毎日や習慣で朝食をとらない人にオススメなのが、乳酸菌サプリ。

後片付けや準備もほとんど不要なので、忙しくてヨーグルトなどを食べられないほどなら手間がかからず手軽なサプリをオススメします。
さらには毎日、乳酸菌をふくむ食品を摂取するよりは、実はサプリのほうがコストも安くて、しっかり生きたまま腸まで届くので、効果やコストパフォーマンスを考えてもサプリに軍配があがるでしょう。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.