怖い便秘薬の副作用

前のページでは、腸内細菌のバランスによって便秘の原因になりうる事についてお話しました。そんな慢性の便秘によってお腹の張りが気になる人、ダイエット目的で便秘を解消したい人など、女性を中心として多くの人がが毎日便秘薬を飲んでいるそうです。

でも、この便秘薬。綺麗な女性がCMなどに出演して爽やかなイメージで宣伝されていますが、これに頼りすぎるととても怖い副作用があると言われています。このページでは、そんな便秘薬の怖い副作用とその代わりとなる便秘対策についてまとめていきたいと思います。

便秘薬の常用はココが怖い!

市販の便秘薬はかなり早く効果が出るので、長期間の便秘で溜まってしまったウンチを早く出したくて飲む気持ちはわかります。
がしかし、それでは便秘になった根本的な原因は改善されず残ったままだし、便秘薬の副作用も無視できないほど重大な問題です。

1.依存性が高く、カラダが慣れて悪循環を引き起こす

自力で排泄するのではなく、薬によって強制的に便意を起こさせて排便させる便秘薬を使用し続けていると、身体が薬に慣れてしまうため、ますます自分で排便することが困難になっていくという悪循環に陥ります。
そしてそれでも便秘薬を飲み続けていくと、遂には薬を飲んでも排泄できない事態にもなりかねません。こうなってしまうと、かなり危険です。
便秘薬として市販されている薬のほとんどがアントラキノン系の成分です。このアントラキノン系便秘薬は、長期に渡って常用することで耐性がつきやすいとされています。
そうなると効果が出なくなり、より強い薬を服用するようになっていきますが、根本的な便秘の改善から遠ざかる一方になっていきます。

2.腸の色素沈着

便秘薬を飲みすぎたり、長い間のみ続けると腸が黒く色素沈着を起こすともいわれています。
市販されているからと安心して飲んでしまいがちな便秘薬ですが、実はとっても怖い副作用があるんだということを知った上で服用するようにしてくださいね。

またこの成分は子宮の収縮を誘発することもあり、妊娠中の人は流産や早産の危険性があり飲むことはできません。

なので、便秘薬は極力飲まずに自力で排便できるように変えていく必要があります。

ジフェニルメタン系の便秘薬には副作用はあるの?

もう一つ、多く市販されている成分にジフェニルメタン系があります。比較的新しく開発された成分で、従来のものより刺激をソフトに抑えて、「自然に近い排便をもたらす」と言われていますが、それでも副作用がないわけではありません。
胃腸に異常がある人が使用すると、ごくまれに腸閉塞や虚血性大腸炎といった重篤な症状を引き起こす可能性があるそうです。そんな恐ろしいリスクを背負ってまで、これらの市販薬を飲むのはやっぱり怖いと思います。

マグネシウム系の便秘薬は、肝臓病の人には高マグネシウム血症を引き起こす危険性がありますし、拡張性下剤は大腸を刺激しすぎるため、腸管が弱くなっている人は腸閉塞を起こす可能性があります。
いずれにしても、これらの市販薬は一時的な便秘の改善はしますが、根本から治すわけではないので、やはり運動や食事療法、乳酸菌を取り入れるなどして改善していくのがベストといえます。

次のページでは、そんな乳酸菌についてお話していこうと思います。

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.