植物性乳酸菌と動物性乳酸菌

乳酸菌といえば、ヨーグルトやチーズといった「乳製品に含まれる菌」というイメージがありませんか?
もちろん、これら動物性の食品には多くの乳酸菌が含まれているので間違いではありませんが、実は植物性の食品にももっと豊富な乳酸菌が含まれていることがあるんです。

植物性乳酸菌を含む食品

たとえば植物性乳酸菌の代表格といえば、日本が誇る調味料の一つである「みそ」と「しょう油」です。
これら大豆の発酵食品は、胃酸に強く、胃で死滅することがほとんどないので生きたまま腸に届き、すぐさま善玉菌を増やすことができます。
大豆の発酵食品としては、調味料はもちろんですが、納豆やテンペがとくに効果的です。

この他にも野菜の漬物やお米を原料とする日本酒、ブドウからつくられるワインなどにも乳酸菌が含まれます。
これら植物性発酵食品の特長は、とにかくタフで死滅しにくいということです。
胃酸過多の人の場合は、せっかく摂取した栄養素も胃のエリアで死滅してしまうことがほとんどですが、植物性の乳酸菌は酸やアルカリに対しても強いので、より過酷な環境の中でも生き抜くことが可能です。

動物性乳酸菌を多く含む食品

一方、ヨーグルトやチーズを代表する動物性乳酸菌は、塩辛やかつお節、鮒寿司、タイのしょう油ナンプラーなども魚介の加工食品にも多くあります。
意外と生きて腸まで届くことは少ないのです。

動物性乳酸菌の多くは、「乳糖だけを分解する」ことで生き続ける菌がほとんどです。
他の細菌との共存が難しく、単独でしか生きてはいけません。

栄養が豊富な場所でしか生き延びられないので、胃酸など強い塩分で死滅してしまうのです。
生きたまま腸まで到達するのが難しい動物性乳酸菌ですが、腸内環境にとって重要な役割があります。

生菌のまま腸に到達する植物性乳酸菌の“餌”になることで、植物性乳酸菌の働きをより活発化させるのです。
また動物性乳酸菌は、たとえ死菌であっても、直接腸内を刺激する作用があります。

これによって、免疫機能を活発にさせる働きがあるので、生菌のみならず死菌も人間の体にとって大切な役割を果たすのです。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.