腸内環境が悪いとどうなる?

こちらのページで説明したように、腸内環境と身体の健康は密接に関係しています。腸内細菌の話をする前に、もう一つ腸との関係を象徴するといっても過言ではない事実をお話しますね。

それは、腸には脳の次に多くの神経が存在しているって事。

ちょっと難しい話をすると、腸内からセロトニンという物質が分泌され、筋肉が伝播性の収縮波を生むぜん動運動を行うため、「第二の脳」ともいわれるほどです。

腸と脳はかなり密接に関係しているので、たとえば腸の不調は脳に反映されるし、脳に受けた疲れやストレスはすぐに腸に伝わります。もしかしたら経験があるかもしれませんが、ストレスで便秘になったり、緊張で下痢したりというのはこの関係性に起因しています。ほら、これなら思い当たるフシありますよね?

どちらかがトラブルを引き起こすと体全体の調子が悪くなったりする腸と脳のネットワークは「腸脳相関」と呼ばれているくらい、腸内と脳内の環境を良くしておくことが大切なんです。

このように、腸内環境が悪いとさまざまな問題を引き起こす原因となります。

便秘や下痢を起こす悪玉菌

さあ、ではお待ちかね。腸内細菌の話です。
私たちの腸の中には無数の細菌が棲んでいて、善玉菌と悪玉菌そして日和見菌に分類され、そのバランスが腸内バランスと呼ばれるっていう話は前のページ【腸を大切にするべき理由とは?】でお話ししました。まだ読んでない場合は併せて読んでみてくださいね。

で、この腸内細菌。
ストレスや不摂生、加工食品や食品添加物の過剰摂取などで腸内環境が悪くなると、善玉菌が減少し悪玉菌が優勢になります。これが「腸内バランスが崩れた」状態です。
こうなると、腸内細菌の圧倒的多数を占める日和見菌が悪玉菌優勢の味方をするようになり、ますます腸内の善玉菌は減少してしまいます。

腸からの栄養分の吸収が悪くなると肌にも栄養が行き届かなくなり、ニキビや肌荒れ、しっしんなどの原因となります。腸内環境が悪化したり腸の働きが低下することで、腸のぜん動運動に支障をきたし、これが便秘や下痢の原因となります。
それを悪玉菌優勢のまま放置して酷くなったり慢性化すると、便秘と下痢を交互に繰り返すつらい症状となります。

また便秘や下痢だけでなく、脳卒中や心筋梗塞などの成人病を引き起こしたり、発がん性物質の発生を促すこともあります。腸内細菌は、インスリンの分泌や尿酸をコントロールする働きもあるため、腸内環境が悪いと糖尿病や高血圧、痛風などの生活習慣病の原因になったり悪化させたりするんですね。

このように、一見お腹の中の状態とは関係なさそうに見える病気でも、原因を探っていくと腸内細菌のバランスが悪かったということも充分にあり得るんです。怖いですね、腸内バランスって。

ストレスを受けやすい腸を健康に保つために

ほかにも、腸内に存在している免疫細胞に影響を与えて免疫力が低下するので、風邪をひきやすくなったり、インフルエンザをはじめとするウイルス性の病気に罹りやすくなります。
腸内環境と免疫については別のページで解説しますね。

また、ニンニクやニラなど匂いの強いものを食べたわけでもなく、口臭やワキガがあるわけでもないのに、なぜか体臭がきつい人がいます。この多くは、便秘や宿便で腸内にたまったインドールやスカトール(有毒ガス)などが血液中に吸収され、毛穴などから臭いを放出するからなんです。体臭や口臭の原因が腸にあるなんて、なかなか気がつかないですよね。

ここまで説明してきたように、腸は体の中でも最もストレスの影響を受けやすい器官で、自律神経を意識した生活を送ったり食生活を見直したりして腸内バランスを整えていく必要があります。
具体的には、腸内環境にいいとされる善玉菌を増やす乳酸菌の入ったヨーグルトなどの食品や、乳酸菌サプリで意識的に摂取するのがいいと思います。

いくら便秘が続いて苦しいからと言っても極力、便秘薬は使用しないに越したことはありません。
どうしてもという場合は別ですが、便秘薬にはとても怖い一面があるからです。
その怖い部分を知れば、「出来るだけ薬に頼らない自然な排便が好ましい」ことが分かってもらえると思います。

では、そんな便秘薬の恐ろしい副作用について、次のページで見ていきたいと思います。

投稿日:2017年1月21日 更新日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.