乳酸菌でアレルギー対策できる?

アレルギー・・・、言葉を聞くだけでアレルギー反応が出ちゃう人もいるかもしれませんね。
でも、それくらい現代社会では多くの人が、このアレルギーに多かれ少なかれ悩んでいる時代だと思います。

たとえば、身近なところだとスギやヒノキなどによる花粉症、それにハウスダストや食品そのもの、動物の毛など、さまざまな原因によって鼻水やくしゃみ、ひどいとアトピー性皮膚炎や喘息などを引き起こしますが、これらのアレルギーを起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。

アレルギーのメカニズム

人間がアレルギーを起こすメカニズムは、このアレルゲンが体内に入ってくると、体がそれを排除しようと反応するために起こるもので、アレルギンに抵抗するために体の中でIgE(タンパク質)がつくられ、アレルゲンを除こうとします。

体内にはアレルギーや免疫に抵抗するリンパ球(白血球)もあります。少し難しい話になりますが、このリンパ球にはIgEをつくるリンパ球とTリンパ球の2種類あり、またこのアレルギーに立ち向かうリンパ球のほかにTh1とTh2のヘルパーリンパ球があります。
これらのリンパ球が偏ったりバランスが悪くなるとアトピーや花粉症になりやすいと言われていますが、できることなら病院や薬に頼らずに、体質改善や日々の食事によって症状を軽くしたいですよね。

乳酸菌サプリでアレルギー対策

アレルギー改善に「乳酸菌」が見直されています。乳酸菌は生きたままの菌が腸内細胞に届き、腸内の善玉菌を増やす役割があります。

小腸から大腸にかけては「腸内フローラ」と呼ばれる腸内細菌の素があり、この腸内フローラが悪玉菌の素になっていると腐敗ガスや毒素を大量発生させるだけでなく、悪玉菌が血流にのるとアトピーなどアレルギーの原因となります。

腸内フローラは常に善玉菌の素になっていなければならないのです。

腸内の善玉菌を増やすのに乳酸菌がもっとも効果があります。
ヨーグルトや乳酸菌飲料でも十分に効果が期待できますが、これらの食品は意外と菌の力が弱く、ほとんどが腸に届く前に胃酸などによって死滅してしまい、生き残った少しの菌だけが悪玉菌と戦います。
高脂肪の乳酸菌食品のとりすぎは体にも負担となりますので、確実に腸内に生きたままの乳酸菌を届けたいのであれば、乳酸菌サプリを効果的にとるのがベストといえます。

投稿日:

Copyright© 乳酸菌サプリを効果や価格で比較するサイト!自分に合うサプリはどれ? , 2017 AllRights Reserved.